メニュー 閉じる

事例動画

チェックポイントのソリューションについて、導入事例を動画でご覧いただけます。

■ アパレル企業でのRFID事例 

RFIDでスピード商品探索!アパレル商品の在庫管理を効率化(Deckers)

Deckers(デッカーズ)は、靴や衣類などの販売、卸売を行うアパレル企業です。UGG、Teva、Sanuk、Hoka One One、Koolaburraなどのブランドを展開し、50を超える国で販売されています。

Deckersでは、棚卸や商品探索などにRFIDを活用しています。たくさんの靴の在庫から、目的の商品を簡単に素早く見つけることができ、バックルームでの作業時間を削減し、お客様との接客に集中できるようになりました。

【DeckersでのRFID導入による改善効果】

  • 店舗の在庫管理業務を効率化
  • 棚卸時間削減:店内のすべての靴の棚卸を約30分で完了(スタッフ2人)
  • 商品探索の効率化:スムーズに商品の位置を探索、所要時間約50%削減
  • 接客時間創出によるサービスの向上
  • 店頭欠品の削減、販売機会ロスの削減

工場ーDCー店舗まで。サプライチェーン全体でRFIDを導入(LPP)

東ヨーロッパの大手アパレル企業「LPP」は、Reserved、Cropp、House、Mohito、Sinsayのブランド名で、約40か国に1,800以上の店舗があります。

LPPでは、生産段階から店舗に至るまでRFIDを活用しており、在庫管理改善、在庫精度向上、店舗業務の生産性向上、ロス削減を実現しています。

【LPPでのRFID導入による改善効果】

  • 入荷作業:60%削減
  • 補充作業:95%削減
  • レジ作業:70%削減
  • シェルフアベイラビリティ(店頭在庫の最適化):13%向上
  • 売上:3%増加

LPPでのRFID導入に関する詳しいケーススタディは、こちらからダウンロードできます。

■ オムニチャネルでRFIDを活用(Cache Cache)

実店舗やネットショップなど、複数の販売チャネル・流通チャネルを組み合わせたオムニチャネルが主流となった時代では、実店舗とオンラインの在庫を一元管理することが重要です。在庫ロスや販売機会の損失を減らし、効果的な経営戦略の構築が可能になります。

アパレル企業「Cache Cache」は、店舗での作業効率の向上とオムニチャネル強化を目的に、チェックポイントのRFID商品管理システム(Halo)を導入しています。

導入後、商品の入荷・棚卸作業は大幅に効率化され、オンラインで購入した商品を店舗でスムーズに受け渡しできるサービスの提供を実現しています。