メニュー 閉じる

ケーススタディ「アパレルLPP社でのRFID展開事例」をダウンロードしていただけます

東ヨーロッパにおける大手アパレル企業「LPP」は、Reserved、Cropp、House、Mohito、Sinsayのブランド名で、約40か国に1,800以上の店舗があります。

LPPでは、生産段階から店舗に至るまでRFIDを活用しており、在庫管理改善、在庫精度向上、店舗業務の生産性向上、ロス削減を実現しています。

本ケーススタディでは、LPPとチェックポイントとのRFIDの取り組みを詳しく紹介し、どのようなメリットがあるのかをみていきます。ぜひダウンロードしてご覧ください。